ブログ

金属3DプリンターはOSと同じである

皆様が一様に考える事ですが、金属3Dプリンターを買えばなんでも出来ると思いますよね???

いいえ・・全く違います。金属3Dプリンターは非常に奥が深い技術が必要です。先日、金属3DプリンターはOSと同じである・・という考え方を聞きました。

いわゆるWindowsと同じという事です。

金属3Dプリンターを使いこなすにはそれぞれのアプリケーションを駆使してやりたい事の具現化に挑むものだという事です。

このゲームをやりたいからこのゲーム機を買う。この発想だそうです。

金属3Dプリンターはスライスデータに基づいた事しか出来ません。ということはスライスする前の3Dモデルが金属3Dプリンターに向いていなければいけません。

それにはそれなりのソフトも必要ですし、それを扱う人間も必要です。

金属3Dプリンターの産業で生き残るには、1に金属3Dプリンター。2にソフト。3に人間ということになります。

私たちも経験してきましたが、金属3Dプリンターを買ってもすぐに何か出来るものではないんですよね。。

弊社でもこれからアプリケーションを増やし、出来る事を増やして行く必要があります。

Microsofts-Windows-10-Worldwide-Release-on-Scheduled-for-July-2015

 

Return Top