ブログ

航空機試作品コンソーシアムキックオフ

金属3Dプリンターを使用した試作品製造の為に以前からコンソーシアムを組んできましたが、いよいよキックオフしました。

当面の課題は"品質保証"といったところでしょうか。金属3Dプリンターで製作したものが信頼性が高く、その工程や品質管理体制も大丈夫だ!という証明をして行かなければなりません。

それに関しては自動車もその他の業種も同じですが、壁の高さが違います。

1つの製品に対しての証明をする必要があります。寸法精度なんて言うのは当たり前の話ですから、それ以外の工程管理などを標準化しデーターを取り続けた結果でそれらを証明しなければなりません。

それには一社だけでなく他社の協力やそれぞれの立場から意見を聞き、アドバイスを頂かなければ完成は出来ない事でしょう。

金属3Dプリンターのポテンシャルは高いとの評価を受けてはいますが、それ以上に品質管理のポテンシャルをあげて行かなければ今後の金属3Dプリンター業界はあり得ません。今後はそこに注力していきたいと思っています。

金属3Dプリンター品質管理

Return Top