ブログ

ステンレス SUS316L金属3Dプリンター造形

ステンレスの金属3Dプリンターの要望も非常に多いです。特に関東のお客様からの引き合いが多い傾向です。

ステンレスの種類はSUS316Lですが、この材質は非常に造形に時間がかかります。弊社取り扱い材料の中でも一層辺りの積層厚みが0.02mmと一番小さいのです。

それでもステンレスのご要望が高いのは、納期というアドバンテージが高いからでしょうか。

試作開発部品での錆の懸念からステンレスを選ばれるのでしょうか??その辺りのマーケーティングは機密になって中々弊社でもつかみづらいのが現状です。

錆びない材料と言えばステンレスに行きがちですが、実はマルエージングも錆びにくい材料です。しかもSUS316Lより価格的には抑えられます。しかし、磁性体な為非磁性がご希望ならステンレスをお勧め致します。

使う用途などをご教示頂ければ、材質のご提案もさせて頂きます。

ステンレス金属3Dプリンター

Return Top