ブログ

歯科医療用ハイエンド3Dプリンター 「EOSINT M 270 Dental」を販売開始

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズは、日本国内総代理店として取り扱っている、独EOS社製ハイエンド3Dプリンターの販売を歯科医療分野に広げるために、医療機器製造販売業許可の取得を行い、歯科医療用ハイエンド3Dプリンター「EOSINT M 270 Dental」を第三種医療機器として登録し、販売を開始した。

これにより、歯科医療業界への3Dプリンターの活用を促進し、歯科治療の発展に大きく貢献できるようになる。

株式会社NTTデーターエンジニアリング抜粋

金属3Dプリンターの世界トップシェアを誇るEOS社と総代理店契約をしている株式会社NTTデーターエンジニアリングシステムズから歯科用の金属3Dプリンターが販売される事となった。

弊社でもEOS社の金属3Dプリンターを3台保有し様々な業種への造形を手がけているがあくまでも工業系であり、医療系ではない。

医療系と工業系を分けるというのは大切な事で、トレーサビリティー的にも望ましい事です。歯科系だけでなく今後医療系という枠組みの金属3Dプリンターも出るのかもしれないですね。

特に材質で医療系のチタンなどが造形できるシステムがあると、医療での金属3Dプリンターの活躍も盛んになるかもしれません。

eosint-m

詳しい内容は下記バナーをクリックして下さい。

120900-01

 

Return Top