金属3Dプリンター基礎知識

金属3Dプリンターになんのメリットがあるの?

展示会などでお客様に金属3Dプリンターって何かメリットあるの??って言われる事があります。

今、機械加工で作れているものを金属3Dプリンターで製作する事には価格的なメリットは一切ありません。しかも量産もできません。精度も機械加工より悪いです。

そうなると金属3Dプリンターのメリットって・・なんなのでしょうか?? と疑問をもたれるのは当然の事です。

実はこれは樹脂でもおこっている事なのです。一品を3Dプリンターで製作したら安くなる??というイメージがどこから流れ始めたのかわかりませんが、金型を使用して大量生産したものと比べて安くなるはずがありません。一品だけの生産なら金型を作らず製作できるから安くなるのです。

金属3Dプリンターでも全く同じ感じです。見積りをしてみると・・「えっ そんなに高いのですか??」という感じです。

手軽に・・気軽に製品が出来てしまうイメージが価格も安い・・というイメージを作り上げてしまったのかもしれません。

しかし、樹脂でも金属でも試作開発現場には非常に有効であり、開発サイクルの向上が見込めますし金型を製作するより価格が安く早い。これが3Dプリンターの最大のメリットといえます。

だとしたら、試作開発をもつ現場は金属3Dプリンターを購入すればいい。と思ってしまいますが、設備が高額な上、ランニングコストも非常に高い。そして何よりも全ての形状を金属3Dプリンターで製作できないと言う事なのです。一社で金属3Dプリンターをフルで稼働させる事が困難なのでコストがあわない・・という判断になる事が多く、金属3Dプリンターの普及が中々進んでいないのが現状の姿です。

また、材料も限られています。どんな材料でもいいという訳ではないと思うので、それらの障害からくぐり抜け造形できるものは僅か10%ほどです。

金属3Dプリンターのメリットって非常に枠の狭い領域なんです。

IMG_4818

Return Top