ブログ

古い部品の型保存の改善を金属3Dプリンターで!

古い部品の型を保存していませんか??部品点数が増えれば増えるほど型保存の経費もかさんでいきますね。

古い部品の交換は1年にそうなんどもある訳ではありません。その為に多くの型保存経費を費やしているとお話を聞いております。

そんな場合の1つの効果的な方法として金属3Dプリンターを使って頂ける場合があります。

自動車や機械は今までもそういったお話がありましたが、窓の部品でそのようなお話を頂きました。詳細に話を聞いてみますと・・

ガラスの交換はよくある話ですが、窓枠などの交換って聞いた事ありますか???というお話でした。確かにそのような事を聞いた事もないし、学校や公的機関など古い建物が多く窓枠等も当時のまま付いているものが殆どです。

そんな窓の部品が年間に数個単位で交換することがあるそうです。正直、「なるほど〜」と関心?したお話でした。

世の中にはこういった話は以外にたくさんあって、金属3Dプリンターの使い道の1つになるな・・と思います。

型を保存する倉庫を何年も借りるより、金属3Dプリンターで必要な時に必要なだけ作るのは大きな効果になり得ます。

これから少しずつかもしれないですが、このような金属3Dプリンターの使い道が明確になってくると思います。

316XClwkozL._SY355_

Return Top