金属3Dプリンター基礎知識

金属3Dプリンター造形の3Dデーターファイル形式について

見積りのメールや電話を頂くことが多くありますが、「ざっくりした見積りが欲しい」という要望が多くあります。その上で回答すると「高いね」と言われます。

ざっくりした見積りとは、どんな形状でも四角にしてしまい、大きさだけの判断で見積りをさせて頂く事になるので実価格とは全く異なります。見積りの際は3Dデーターを頂けると、しっかりした見積りができます。

データーファイル形式については・・

STLファイル

STL(ポリゴンデーター)3D System社により開発された形式です。3D形状を三角の集合体として表現する3Dプリンター業界では標準的な形式として取り扱われております。通常のCADにはほぼSTL変換できるようになっておりますが、三角の大きさがそのまま造形品の品質になりますので出来るだけ細かい三角にする必要があります。

IGESファイル

IGESは異なったCAD間でデーターを受け渡す為の中間ファイルになります。一般的によく使われるファイル形式ですが読み込むソフトによって壊れていたりする場合もあります。造形後に機械加工をしたい場合はIGESファイルも必要となります。

STEPファイル

STEPファイルはヨーロッパでIGESファイルの弱点克服の為に開発された規格になります。このファイル形式でも読み込めますので全く問題ありません。

Parasolidファイル

Parasolidはソリッドワークスが開発したソリッドの中間ファイルになります。弊社ではParasolidファイルが得意なCADを保有しているので相性が非常に良いです。

 

以上のファイル形式で3Dデーターを送って頂ければすぐにお見積りをさせて頂きます。STLデーター品質に自信がない場合はIGES,STEP,Parasolidでお送り下さい。

2

Return Top