ブログ

金型保全にも金属3Dプリンター効果

図2弊社では金型をハイブリッド構造にて製作する場合が多いのですが、最近になりこのハイブリッド構造をうまくつかう企業様が増えてきました。

ハイブリッド構造とは、全部を金属3Dプリンターで製作するのではなく半分は今までの加工方法で・・残りの半分を金属3Dプリンターで盛るという技術です。

今までは新規の金型を製作する場合のみこの工法を使っていましたが、企業様からの注文で古くなった金型を切断し、その上に盛ってほしいという依頼です。

そうすると確かに更にコストが下がります。

お客様からこのような提案を頂くと非常に嬉しい限りです。

ハイブリッド構造をうまく使いコストダウンに繋がるなら是非ご活用下さい。

徐々に金型に金属3Dプリンターが使われるようになりました。特に弊社にはダイカスト金型の要求が多く、また実績もあります。

補修が多い金型などに是非金属3Dプリンターをご利用下さい。

 

 

Return Top