ブログ

金属3Dプリンターの課題とは何か?

毎日金属3Dプリンターを使い造形をしていますと、ここどうにかならないかな・・と思う事が多くあります。またお客様にご指摘される事もあります。

まずお客様にご指摘頂く課題から整理して行きましょう。

  1. 金属材料他にないの???
  2. 精度は上げられないの??
  3. もっと安くならないの??

などです。金属材料については本当にごもっともでありまして日本に於けるマーケットにそぐわない材質のラインナップが多く、またそれを開発する事すらままならない。これはお客様のニーズに合わない最も大きな事だと思っています。また精度に付いても同様です。本来なら3Dプリンターで出来上がったらすぐに使えると一番旨味があるのですが、残念ながら仕上加工が必要です。価格も毎回高いとお客様からご指摘されます。

これらの課題を日本の工作機械メーカー様が解決できたら良かったのですが、使用材料は全く同じだったり・・・使う側としても非常に微妙な感じです。日本独自の3Dプリンター技術(材料)が必要だと感じます。

では私たち使う側からの課題ですが

  1. サポート材がなければ加工できないのは困る
  2. 設備が高額
  3. 保守費が高すぎる
  4. 材料の管理が大変

使う側として一番問題なのがサポート材です。付けるのは簡単でも除去するのが時間がかかりすぎます。「仕方ない事」として片付けられない問題です。

また何かと高額で困ります。設備の購入金額もそうですが保守費用・・年間一台につき300万の保守費用は他の設備と比較しても考えられない金額。交換部品の金額も毎回びっくりする金額が請求されます。お客様からはもっと安くしろと言われてもこれらの金額が妨げとなります。

材料の管理も大変です。湿度を吸ってしまうとまずいので造形室は湿度管理を要します。またここにも多額の費用がかかるという事なのです。

作る側と使う側の意見の擦り合わせも今のところありません。以前提案してみたのですが回答はきませんでした。

いまの現状を簡単にまとめると、いやなら買わなければいい。 っと言ったところでしょうか・・・

金属3Dプリンターを作る企業がもっと増え、技術競争が盛んになるまでは課題は置き去りにされていくように思われます。

課題はそこにあったか!!

IMG_4818

Return Top