ブログ

3Dプリンター+スキャニングサービスの相性は抜群

スクリーンショット 2016-04-26 09.49.233月より始まりましたスキャニングサービスと3Dプリンターの組み合わせは非常に良い物と思います。

早速スキャニングに仕事も頂き、あわせて3Dプリントまでさせて頂いております。

スキャニングは出来上がった金属3Dプリンター製品とCAD図面の差異も見る事が出来ます。写真のようにプラスしているところは赤、マイナスしているところは青で表現する事が出来ます。そしてもちろんどれくらいの差異があるのかを測定する事が可能です。

このスキャニングを導入した事により、3Dプリンターでの造形の仕方も徐々に変わってきました。

どんな部分がマイナスになりプラスになるかを知る事により、なぜそうなったのかを考える基となっているからです。

金属3Dプリンターは樹脂の3Dプリンターよりも熱による収縮や膨張が顕著に現れます。サポート材の付け方、または造形姿勢を考えるにはこのようなデーターの蓄積が更なる進化を生みます。

出来る限りCAD 図面に忠実に3Dプリントできれば後工程も非常に楽になります。

現在選任者を配置し、全品スキャニング検査をする事により弊社のデーター蓄積、またはお客様への検査表としての提出ができるよう準備しております。

スキャニングも金属3Dプリンター同様、買えば簡単にできる物ではありませんでした。

撮り方も色々考えてやらなければならないし、撮りきれない部分も出てきます。これらもノウハウとして蓄積して行かなければなりません。

お客様へはしばらくご不便おかけする事もあるかとは思いますが、現在全力でスキャニングスキルの向上を図っております。何卒ご理解下さい。

リバースエンジニアリングサービス

Return Top