ブログ

金属3Dプリンター 医療への道

会社立ち上げ当初から医療分野のお話は多く頂いておりますし、コンソーシアムにも参加しています。

随分長い間暖めてきましたが、ついに医療機器製造登録をする事にしました。それは形が見え始めたから・・と言っても過言ではないです。

病院の教授様とも長きにわたり打ち合わせを重ね、販路とニーズが合致したという事です。

医療分野では一品一様の製品が求められるようになってきています。患者様のあらゆる事象にあわせる必要があるからです。

それが結果的に良い方向に向かう事が明確になってきました。

医療分野は敷居が高いと言われておりますので、すぐに全てをクリアにできる訳ではないとは思いますが、金属3Dプリンターが医療分野に参入するには良い機会だと思います。

金属の強度的な部分や耐食性など多くの試験も必要となりますが、エビデンスがしっかり取れるように進めたいと思います。

名古屋市商工会議所をはじめ、多くの企業様、先生に助けられています事に感謝申し上げます。

choshinki

Return Top