ブログ

鎖帷子を金属3Dプリンターで製作

6d82f7e7鎖帷子(くさりかたびら)は、鎧形式の防具の一種で帷子とは肌着として使われる麻製の単衣のことであり、鎖製の帷子の事を指します。時代劇なんかでもたまに見かけたりしますね。洋風に言えば「ロードザリング」にも帷子のようなモノを着た戦士が登場します。今も昔も鎖を1つ1つ人間の手でつないでいくんでしょうね。

だとすると・・そこには多大な人件費と時間がかかっているはずです。金属3Dプリンターでは人件費は殆ど使っていませんし、時間もかかりません。このような一体化構造も金属3Dプリンターならでは技術と言えます。

そんな鎖帷子を金属3Dプリンターで作ってみました。

S__8323074

 

どちらかというとネガティブイメージの「金属3Dプリンター」ですが、考え方を変えてみればこんな事が出来てしまうのです。もちろん造形ルールに当てはめていますので、サポート材の付着もありません。と・・いうことは・・このまま金属3Dプリンターで出来上がっているという事なのです。組付け工数は「0」。ただひたすら金属3Dプリンターが終わるのを待つだけなのです。このような事例は既に欧米で盛んに使われています。いくつかの部品で構成されていたAssyものを1つの部品として作ってしまうのです。

組立工数が無くなり、納期も早くなりコストダウンできたという事例は数多く報告されています。今後このような金属3Dプリンターの使いかたが検討されていくとコストダウンが可能な形状や部品というのが多く出てくるのだと思いますが、まだ日本では弊社の努力も足りない事もあり、金属3Dプリンターの知名度も低い・・たくさんの方々に金属3Dプリンターを知って頂き、アイディアを形にするお手伝いが出来たらと思います。

しかし・・このような鎖帷子を昔の人はよく作ったな・・いや・・よく着ましたね!

S__8323075

Return Top