金属3Dプリンター用語解説

スパッタとは

「ヒューム」と間違う場合がありますがよく似た現象として「スパッタ」というものがあります。

金属3Dプリンターでは多く確認でいる現象ではありません。「ヒューム」か「スパッタ」か悩むくらいの微粒子程度です。

「スパッタ」とは溶接中に飛散するや金属粒のことで、一般に溶接では品質の妨げになると言われています。

金属3Dプリンターでも最適なエネルギーで溶融しなければ「スパッタ」現象が起きる場合があります。最適なパラメーターを作成する必要があります。もし適当なパラメーターで造形をしてしまうと「スパッタ」が製品内部に入っていたり、金属3Dプリンター自体が停止してしまう場合があります。(ひっかかりが原因)

弊社で使用する設備では確認できておりませんが、他の金属3Dプリンターでの事象としては確認しています。

金属3Dプリンターにおいて「スパッタ」が発生するようになったら、レーザーやレンズ。パラメーターを確認する必要があります。

パウダーベット方式の金属3Dプリンター

パウダーベット方式の金属3Dプリンター

 

Return Top