J・3D NEWS

産業新聞に掲載されました

人工股関節の開発についての記事が「産業新聞」に掲載されました。

実は昨日も名古屋のモノづくり研究会に参加させて頂き、医療分野のお話を聞いていました。今後の日本の「超高齢化社会」に向けて医療分野はもっと充実させるべきというお話も聞いてきました。

医療が発達し、寿命が延びてきておりますのでそれに伴う問題が今後でてくるのだと実感しました。その中で非常に興味深い話を聞きました。

「あなたは違う人の入れ歯を入れられますか??」

いや・・無理です。

あっ勘違いしないでくださいね。人の使った入れ歯という話ではなく違う人の形状を入れると言う話です。

歯は特にわかりやすいですよね。入れ歯が違う人の形状だったらものすごく違和感しかないと思います。ご飯もおいしく頂けないかもしれません。

弊社が開発しようとしている人工関節も同じ事なんです。自分にあった関節を入れる事により違和感も無く、今までと同じように歩けたりできるのだと確信しました。

人間それぞれの大きさ、形、姿勢があるのですからそれに合わせた人工関節があればより幸せな人生になるのだと思います。

開発にはお金も時間もかかりますが、患者様ファーストに立って開発できるよう全力で取り組みたいと思います。

S__8716332

 

Return Top