ブログ

金属3Dプリンターでプリントする会社

金属3Dプリンターを保有して3Dプリントしてくれる会社はまだ日本にたくさんある訳ではありません。とあるリサーチ会社の結果を見てみると20社という数らしいですが、実際に生業としている企業はさらに絞られ数社と言う事らしいです。

お客様は相見積もりを希望されていますので、商社様等を通じて色んなところに見積り比較を投げかけたいようですが、同じ図面が届く事が多数あります。保有している材質等の関係もあるのですが、1日に5件同じ形状でお問い合わせ頂いた事もあります。

見積り比較の場合は当然ですが同じ物が安く製作できればそれで良い訳ですが、3Dプリンターの場合は造形姿勢によって価格も変わってきます。造形姿勢は実は非常に重要で意味があります。そして、それぞれの会社でその造形姿勢は変わります。機械的な差で造形姿勢が違う場合もありますし、技術の差もあります。それが価格という1つの要素で括られてしまうのはいささか疑問には感じています。

造形姿勢とは金属3Dプリンターの一番難しいところなので、ノウハウという言葉でさっさと片付けしまうのですが、そこには各プリント会社の想いと苦労がにじみ出た物です。

金属3Dプリンターでプリントしてくれる会社は今後増えると予想されていますが、皆さん失敗を繰り返しその結果から学んでいくしか方法がないというのが、普及しにくい1つの要因になっていると思います。

いつか○○工業会といった団体が立ち上がるまでは、各社単体でのノウハウ構築なのでしょうね。

S__8323075

Return Top