ブログ

3Dデーターがない物を解析したいとき リバースエンジニアリングサービス

3Dの計測の場合、当然図面がありそこに指示された寸法に基づき測定し合否を判定する物ですが、図面が存在してないので解析が出来ないとの声も多くあります。

接触式の3次元測定器で試してもそこには限界があり出来ない場合もありますが、非接触式スキャニング装置を使えば解析をする事が可能です。

特にRの大きさなど測定できなかったところは鮮明に解析する事が出来るため古い部品・・あるいは型などの依頼を多く受けております。

方法は簡単。

解析したい製品を弊社に送付頂ければ、ATOS(スキャニング装置)を使い製品をスキャニングし、3Dデーターにしてしまいます。その後「STL」から面張りをして完全な3Dモデルにします。

お客様が3DCADをお持ちならそのままデーターを送付。お持ちでないなら2次元図面化し紙ベースまたはDXFでの送付をさせて頂きます。

これで今まで解析できなかった部分も簡単に解析する事が出来るようになります。

是非が活用頂ければと思います。

ATOSスキャニング

Return Top