ブログ

北海道立総合研究機構 第1回AM技術講習会

弊社もついに北海道にまで足を運べるようになりました。もちろんお客様も存在していますが足を運ぶことはありませんでした。

しかし以前から北海道立総合研究開発機構様とは情報交換をしており、先月お邪魔させて頂き金属3Dプリンターを拝見させて頂く事がありこの企画に参加させて頂く事になりました。

研究開発機構様では「松浦機械製作所」の金属3Dプリンターを使用しておりお互い悩みは同じような物ですし、お互い出来る事と出来ない事が違うので包み隠さず情報交換ができており弊社としても大変助かっております。そんな皆様と今回は北海道にも金属造形を知って頂きたくお邪魔させて頂きます。

無料ですので是非ご参加下さい。

技術セミナー『平成28年度 第1回AM技術講習会』のご案内です!

  
 近年、デジタルものづくりへの興味が深まる中、新たな製造プロセスとして3D積層造形法の利用が注目されています。

 道総研 工業試験場では、平成22年度に「金属粉末積層造形装置」を導入し、その活用に向けた取り組みを進めてきました。

 このたび、道総研と北海道では、愛知県名古屋市で3D造形による金属および樹脂の製品製造を営み、日本各地で開催される展示会等にその事例を紹介する活動を広く展開されている、(株)J・3D代表取締役の高関 二三男氏を講師としてお招きし、様々な事例紹介をしていただくとともに、これまで以上に「金属粉末積層造形装置」の利用・普及を進めるため、「平成28年度 第1回AM技術講習会」を開催します。
 本技術に興味をお持ちの皆様のご参加をお待ちしています。

【日程】
 平成28年12月8日(木) 13:30~16:00

【会場】
 北海道立総合研究機構 工業試験場2階 第一会議室
 [札幌市北区北19条西11丁目]                     

【プログラム・講師】 
 ◆「金属3D積層造形の概要と取り組み事例について」
   (株)J・3D 代表取締役 高関 二三男 氏

 ◆「工業試験場における金属造形技術開発の取り組み事例について」
    道総研 工業試験場 製品技術部 主査 戸羽 篤也

【参加費】無料

【申込締切】平成28年12月1日(木)

※この研修会は、戦略産業雇用創造プロジェクト事業の一環として北海道から委託を受けて実施されることから、ご参加いただいた企業の皆様には、研修会参加後の雇用面での取り組みや雇用実績などの調査をお願いしております。

【申込み・お問い合わせ先】
 道総研 工業試験場 製品技術部 生産システム・製造技術G
 担当:戸羽 ・ 鈴木
 Email:toba-atsuya @ hro.or.jp
 TEL:(011)747-2972 / FAX:(011)726-4057

Return Top