ブログ

金属3Dプリンターをやってみて最初に当たる壁

3Dプリンターという響きがなぜか簡単な設備だという認識が広まってしまいますが、金属3Dプリンターでは誰もが通る壁という物があります。

それが「剥がれ。」

s__2555989写真のように造形品の一部が剥がれてしまう現象です。

これは何回やりなおしてもこのような現象が起きてしまいなぜそうなってしまうのか?どうすれば良いのかなど実に悩ませる現象です。

残念ながら弊社でもこれで悩み膨大な金属粉末を使ってしまいました。相談相手も今ほどたくさん無くただただ苦しい時間とお金を使っていた事を思い出します。

この現象については弊社機密項目も含まれてしまいますのでお話しできませんが、金属3Dプリンター造形を始められた企業様が最初に当たる高い壁のような物です。

先日金属3Dプリンター保有企業様とお話をさせて頂きましたが、やはり同じところで悩み苦労されている事を知りました。

サポート材の問題といい、残留応力の問題といいその他の問題も含め設備は違えど悩みは共有できるのだと思います。

しかし結局のところ、知見、経験がどこまであるのかによって解決スピードも違いますし、品質も変わってくるのですから金属3Dプリンターは実に奥深い設備だということがわかります。

どれだけ金属に精通してきても、機械加工ノウハウを持っていてもこの世界ではあまり役に立つ訳ではなく失敗した数だけ経験値が増えるということ意外ないのです。

それを知ってか知らずか・・金属3Dプリンターの販売台数は伸びているらしいのでまた共有できる悩みをたくさんの仲間と解決していきたいです。

この先も金属3Dプリンターの仕事は右肩上がりに増えていくはずですから!

エキゾーストマニホールド

 

Return Top