J・3D NEWS

拡散接合と金属3Dプリンター協業

拡散接合とは

金属の面と面の接合で異なる材質、溶接では出来ない材質の接合が可能な工法です。接合材を加熱・加圧し、原子の拡散を利用して接合することにより3次元水管などの金型にも応用できます。しかし、加圧することにより小さい金型では圧力に耐えきれなかったり、また金型製作に時間がかかったりします。

金属3Dプリンター

金属の3Dプリンターでは拡散接合と違い、始めから一体構造の3次元水管金型製作ができますので工期も短く、高付加価値の金型製作ができます。しかし、造形範囲が小さいことと残留応力の問題があり大きな金型には不向きです。

拡散接合+金属3Dプリンター

弊社では拡散接合+金属3Dプリンターの技術の両方を要求されることがありますので、長野県諏訪市の「株式会社MOLE’S ACT」様と協業することになりました。お互いのメリットデメリットを把握し、大きい金型は拡散接合にて・・小さい金型や複雑なものは金属3Dプリンターで対応していこうと考えております。

似たような技術であるにも関わらず、お互い牽制しあっていては前に進むことができません。お互いを知りお互いをカバーしあえればよりたくさんのお客様と出会うことができます。

ひと昔、拡散接合も水漏れしたり割れたりといった時代もあったと聞いておりますが、今は技術も進化し十分に耐えうる金型ができるようになりました。拡散接合+金属3Dプリンターの協業により高付加価値の金型をたくさんのお客様に提供していきます。

株式会社MOLE’S ACT様提供

株式会社MOLE’S ACT様提供

Return Top