ブログ

金属3Dプリンターの情報続々と

このところ以前にも増して金属3Dプリンターの情報が集まるようになってきております。

海外の動向も含めまだ皆様が知らない情報ばかりです。が・・ここで公開できないのが残念です。

皆様が知らないところで色々な製品が金属3Dプリンターで造形されており、「こんなに進んでいるのか!」と思わず驚愕の声を上げてしまうほどです。

さて、今後の金属3Dプリンターの動向はどうなって行くのでしょうか?

先日聞いたお話ですと、やはり金属3Dプリンターがモノづくりの一端を請け負うことはそんなに遠い将来ではないような気がしてきました。

先日、とある場所でお話させていただいた時にお客様が「金属3Dプリンターなんて!まだまだ!」と言われておりましたが、その考え方を少し変えて行かなければならない時代が来たのかな・・と感じます。

新しい技術はどうしても受け入れがたいですし、技術に自身があればあるほど否定してしまいます。その気持ち・・実はよくわかります。ほんの数年前まで同じ考えだったからです。

しかし、最近の海外の動きはめざましく量産に近い事まで取り入れてますし、トポロジー設計も活用した軽量化に進んでいます。そこには産業構造の違いもあるのかも知れませんが、あまりにも日本の進捗と異なりびっくりします。

今、弊社でも海外の金属3Dプリンターサービスビューローとの情報交換もさせて頂いておりますが、より一層密に話して行く必要があるのだと感じました。

 

 

Return Top