3Dプリンターセミナー情報

ダイカスト技術交流会 今後の金型冷却技術を考える

日本ダイカスト協会から初めて金属3Dプリンターでの金型つくりの講演依頼を頂きました。現在金属3Dプリンターを使ったダイカスト金型づくりの実用のお話を是非して欲しいとの依頼で本当に嬉しく思っております。

皆様だいぶ金属3Dプリンターの知識を向上させて頂いておりますが、キャビティー形状に沿った3D形状の冷却回路(3次元水管)にも一定のご理解を得ている物と思います。

今後の金型冷却はこの3次元水管を以下にうまく配置するかによって、焼き付き防止や生産性向上を計って行かなければなりません。しかしまだ課題も多くある事には変わりありません。

今、私たちが抱えている課題や、お客様が感じていらっしゃる事等お話しながら今後のダイカスト金型の未来を作って行けたら良いと思います。

残念ながらこの技術交流会は日本ダイカスト協会の会員様限定のものになりますので一般の方々には聞いて頂けませんが、今後の啓蒙活動で皆様にまたお話しできる機会があればどこへでも伺う所存でございます。

是非皆様からご依頼もお待ちしております。

第60会ダイカスト技術交流会

日時:2017年6月23日(金)

場所:機械振興会館(〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5−8)

定員:90名

内容:金属3Dプリンターを活用した金型部品の提案

発表者:営業部長 酒井宏樹

Return Top