ブログ

金属3Dプリンターでの新粉末開発の需要増

ここ最近の受注の中には、この金属粉末を使って造形をお願いしたい!という依頼が増えております。

これらの材料は今まで金属3Dプリンターで造形した事の無い金属粉末ばかりです。このような依頼は弊社では喜んで受けさせて頂いております。

テスト内容、テスト材料はここで明かす事はできませんが、お客様が望む金属を造形していきたいのは弊社としては幸せと感じる物です。

しかし、残念ながらすぐに出来るものではなく何回もトライしながらお客様と作り上げて行く物となりますので費用も時間もかかりますがお客様にとって必要なことでもあると認識しておりますので、弊社が持つスキルとアイディア。そしてお客様のスキルやアイディアを融合させながら新たな金属造形が出来るといいなと思っています。

幸いにも弊社の近所には「名古屋工業研究所」もあり、強度試験やX線なども持ち合わせています。

金属3Dプリンターもいよいよ日本用にアレンジして使う事が求められてきている時代に入ったのだと思います。

私たちの考え方としては、金属粉末持ち込み→テスト内容打ち合わせ→テスト造形(レーザー出力調整)→密度確認を第一段階。 第二段階としてはテスト造形(スピード調整)→密度確認 第三段階として機械的強度試験 という流れで進めて行くようになっております。 逆に提案等がありましたら内容打ち合わせで変更等をさせて頂きます。

金属3Dプリンターは使いたいけど、使い方はわからないというお客様でも大丈夫です。弊社スタッフがセッティング致します!

是非、新素材の開発等にも金属3Dプリンターをお使い下さい。

Return Top