J・3D NEWS

平成29年度戦略的基盤技術高度化支援事業の採択されました

昨年は「愛知ファンド」補助金が採択され3年前より暖めてきたカスタムメイド人工股関節の初期の造形と機械的特性の試験をさせて頂きました。

その結果を踏まえて、日本のカスタムメイド人工股関節を事業化まで持って行く為の「サポイン」の申請をさせて頂きました。

結果・・・・・採択!!!

これでまた一歩金属3Dプリンターで製造する人工股関節が現実か出来そうです。

今回のテーマは「人間工学に基づくデザイン設計と三次 元積層造形技術で挑むカスタムメイド 人工股関節の開発と事業化」という内容になっておりまして、まさに人それぞれの症例を姿勢、体重、性別に合わせ込んだ人工股関節を作る事になります。大学病院にも協力して頂きたくさんの症例に対し満点をとる活動をしていきたいと思います。

金属3Dプリンターの本当の実力がカスタムメイド人工股関節で発揮できるのは大変嬉しい事です。

安く、早く、そして患者様の負担にならない人工股関節の事業化を一丸となって進めて行きます。

http://www.chubu.meti.go.jp/b31technology/sapoin/kouhyou/press_saitaku290728.pdf

Return Top