ブログ

レアメタルに掲載されました

最近また金属3Dプリンターを取り上げて頂かるケースが増えてまいりました。

今回は「レアメタル」という本に掲載されたのですが、受託造形好調といった記事になっております。

2017年初旬はどちらかと言えばブームは去った感があったのですが、4月以降は実務的な内容を知りたい方々や、活用事例を知りたいと言われる事が増えております。

何にせよ金属3Dプリンターに興味を持って頂ける事は素晴らしい事ですので、今後も是非取り上げて頂けたらと思います。

さて・・

先週は東京である専門の知見がある方とお話をしてきました。

金属3Dプリンターで造形した金属のミクロ組織の件だったり、強度だったり色々なお話が出来ました。

そこで出たお話ですと、金属3Dプリンターの中では「EOS」が抜群に良いというお話でした。

同じようにレーザーを照射して作っている金属なのに、メーカーによって全然違うそうです。それはひっぱり強度にも影響するとの事でした。

設備を動かす事を中心に歩んできてしまいしたが、このような知見や研究はお客様にとっても非常に重要な内容になっています。もっとデーターや写真としてお出しできるように私たちも頑張らねばなりません。今から1年かけて色々なデーター収集をして皆様に開示できるように努めます。

なんにしても・・こんな重要な話を我々も含め知らなかったというのは反省すべき点ですね。

Return Top