ブログ

金属3Dプリンター造形金型(3次元水管)倍増

金属3Dプリンターの技術を伝える為に全国で展示会やセミナーや講演を実施してきましたが、その成果もあって金型需要は昨年より250%伸びております。弊社に依頼して頂けるのは主にダイカスト金型が中心ですが、もちろん樹脂金型の需要も伸びております。

3次元水管についてはもうどんな物なのか知っている方も多くなりました。しかし・・問題は効果ですよね?

3次元水管を配置した金型は多くの効果をもたらします。

  1. 成形サイクルタイムが速くなる
  2. 型交換回数が減る
  3. 焼き付きが減る
  4. 湯しわ(ヒケ)が減少する
  5. 型寿命が延びる

などなど、これらがトータルコストして大きな効果を生んでいる事は想像すればわかるかと思います。

金属3Dプリンター造形品は「購買価格」としては現状のものより高くなってしまうのですが、上記のような効果によりコストパフォーマンスは大きくコストダウンにつながっています。

使用した企業様は当然の事ながらリピートして頂き更なる改善も含めて効果を上げていらっしゃいます。

先日お客様からは本当に大きな効果が出ているので、もっと色んな金型に使って行きたいとのお言葉頂戴できました。が・・・・

残念ながらこの効果をわかっていながら一歩を踏み出せない企業様も多くあるのが現実です。

まずは効果を体感して頂く為にも弊社ではハイブリッド構造工法を使用しお客様に安価に提供できるようにしております。

是非お近くの営業所、またはホームページからお問い合わせ頂ければ担当営業マンが詳しくご説明させて頂きます。

ダイカスト金型、樹脂金型のハイサイクル化を是非ご検討頂ければと思います。

Return Top