ブログ

金属3Dプリンター造形試作の納期

金属3Dプリンター造形の需要としては試作品が圧倒的に多く入ってきます。

納期短縮に効果が大きいということを理解して頂いているからだと思いますが、新規のお客様にはその納期がどれほど早いのかは中々知られていないのが現状です。

考え方は色々あるのですが、単品で複雑構造を作るのにも大きな効果があるのですが、簡単な構造でも製品の大きさによっては大きな効果を出せる物もあります。

というのも、小さな部品であれば造形範囲の中にいくつも並べる事ができます。その1つ1つは形状が違っていても問題はありません。

金属粉末積層には粉を敷き詰める(リコーティング)という動作がありますが、これは1個造形でも3個造形でも同じ時間が必要となります。だとすれば造形範囲の中にいくつも並べた方がいいという事になります。

このようにサイズによって、形状に寄って既存工法よりも早く安くできる物が多くあるということをまず知って頂ければ思います。

納期間に関しては最短で3日。通常は1週間程度になります。

しかし、大きな物は造形時間もかかります。場合に寄っては200時間を超える造形品もあり、納期短くならないじゃんか〜 とおっしゃるお客様もいるかとは思いますが、トータルで考えて頂ければ良いかと思います。

通常、試作品を製作する場合には鋼材を購入しそこから削りだしして・・場合に寄っては金型を製作して1つの物を作りますが金属3Dプリンターでは金型を作る事無くダイレクトに製品を作る事が出来ます。鋼材の納期で製品が出来上がってしまう場合もあるのです。このように全体から見た納期を考えてみるとびっくりする速度で納品できる場合がありますので、試作品の短納期化を目指されているお客様はリピートして頂けます。

とは言いつつも既存工法のほうが良い場合もある訳ですが、弊社では既存工法でも対応させて頂いております。

今回は造形で。。。今回は既存工法で・・というメリットの高い方を選んでいただけますので、トータルとしてご依頼して頂けるようになっております。

Return Top