ブログ

海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

欧州や米国を中心に、研究開発から自動車関連や航空・宇宙関連分野などでの部品製造用途まで採用が進みつつあります。

市場規模も2016年比で2022年には3倍になるとも予測されているそうです。

日本での金属3Dプリンターは設備台数の伸びはあるものの、マーケットの伸びは、とてつもなくゆっくりで慎重です。

世界の考え方と日本の考え方には大きな隔たりがあるのだと感じます。

しかし、3Dプリンタを活用して直接製造するノウハウは簡単なものではありません。

世界と日本の技術の差が1年、そしてまた1年と開いて行きます。

海外の事例ではGEではガスタービンで積層造形技術を活用した新たな部品を開発し続けていて、発電効率62.22%を上回ったそうです。

こういったひとつひとつの積み重ねの経験や知見が、技術の格差として現れています。

 

金属3Dプリンタは試作だけにとどまらず、製造にも使えるということをもっと皆様には知っていただけたらと思います。

生産現場で抱えているさまざまな課題(治具・型・最終部品)の解決にも、金属3Dプリンタが活用できるはずなのです。

 

Return Top