ブログ

3Dものづくり普及促進会 総会

昨日、「3Dものづくり普及促進会」の総会が開催されました。

3Dプリンターに携わる企業様で構成されている会で、立ち上げて早くも5年が経過しようとしています。

参加されている企業様は、「丸紅情報システムズ株式会社」「株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ」「株式会社松浦機械製作所」「オリックス・レンテック株式会社」「株式会社ジェービーエム」「株式会社立花エレテック」「協栄産業株式会社」などそうそうたる企業の皆様です。

色々な情報交換もさせていただきましたが、3Dプリンター全体の販売台数は下降気味ということですが、金属3Dプリンターやプロフェッショナル仕様の3Dプリンターは伸びているようです。

3Dプリンターブームが2013年頃に起こり、たくさんの3Dプリンターが出荷されたようですが、ここにきて興味本位ではなく本当の意味での3Dプリンターを使おうという動きが始まったのかもしれません。(B2Bから企業へ)

ただ、海外に比べその推移はものすごくゆっくりで差が開く一方ということで、今後「3Dものづくり普及促進会」として、どのように動くべきか・・広めるべきか課題となります。

日本でも製造プロセスを1から変えるつもりで3Dプリンターについて真剣に考えるべき1年になるかと思います。

「TRAFAM」も終わってしまいますので、ここからが正念場。

出来ないことを突くのではなく、どうしたら3Dプリンターが活用できるのかを私たちもお客様に提案できるようにアイディアや技術力を高めていきます。

Return Top