J・3D NEWS

純チタンの金属3Dプリンター造形スタート(テスト)

以前お伝えいたしました純チタンの造形がスタートいたしました。

とは言うものの・・現在はまだパラメーター調整といったところですし、しばらくは商品としてお出しすることはできません。

強度検査、密度などなど色々な試験を行わなければなりません。

テスト造形では思ったより順調に造形できており、今までのチタン64と違い残留応力もさほど強くなくいい感じで造形できております。

純チタンはその耐食性の高さから・・また人体に対しても生体適合性に優れた金属であると言える金属であることから人口骨、関節、歯科材料、手術器具、ペースメーカー、車椅子、ステッキ、アルカリイオン浄水器電極、歯ブラシ、ピンセット等に使われております。

そんな純チタンを金属3Dプリンターにて造形していこうと言うのだから世の中進歩したものですよね。

現在弊社では人工股関節の開発に取り組んでおりますので、それをこの純チタンを使い社会貢献していこうと思っております。

削りにくい材料で、軽くて、適合性も、耐食性も良いので期待値としてはMAXです。

それにはまず、パラメーターを最適化し強度や密度を担保していく必要がありますので、一年かけて開発したいと思っております。

まだ販売はできないものの・・・純チタンも弊社のラインナップとして今後加えて行くのは言うまでもありません。

金属アレルギーを持つ方への、装飾品・・調理器具や食器などでもお使いになることができます。

乞うご期待!!

 

Return Top