ブログ

ORレーザー金属3Dプリンターといよいよコンタクト

先日の設計製造ソリューション展にも出ていましたが、いよいよ「ORレーザー」様とコンタクトが取れました。

「ORレーザー」様といえばレーザー溶接サービス分野では大きな功績を残していらっしゃる企業様で、昨年??あたりから金属3Dプリンターが展示会で披露されておりまして気になっておりました。

残念ながらホームページを見ても金属3Dプリンター関連の内容は英語になっていて・・よくわかりませんでしたが

いよいよ弊社にもきていただけるとのことでようやく詳しい内容が聞けます。

わかっている内容としては造形範囲がφ100✖️110でファイバーレーザー250Wを採用していること。

造形品は展示会で拝見させていただきましたが、綺麗な仕上がりでした。

しかし・・弊社も同様。。展示会にはできるだけ綺麗なものを並べたくなるのが心理というもの・・

造形直後品を見るのが一番かもしれませんね。

まずは詳しいお話を聞いて、その後設備をじっくり見る機会があればいいなと思います。

価格は前に聞いた時よりも高くなっているとのことで・・実際懸念もたくさんあるわけですが同サイズの金属3Dプリンターの比較ができますので楽しみです。

同サイズで検討すべきは、コンセプトレーザー、EOS、3D SYSTEM、SLM、TRUNPですね。

先日金型展で見た「TRUNP」の造形品はすごく綺麗でした!

気になっている金属3DプリンターNo1です。

ぜひ皆様も比較して見てください!!

 

Return Top