ブログ

金属3Dプリンターはニアネットシェイプ

金属3Dプリンターでは試作品のニアネットシェイプになります。

ニアネットシェイプ(Near net shape)とは完成品に近い状態に仕上げることを指します。

通常の金属加工では四角い材料を購入して削り出して作っていきますが、金属3Dプリンターではニアネットシェイプの材料を購入するイメージになりますので、粗加工や中仕上げ加工などが必要ありません。

仕上げ工程のみが残っている状態になりますので、お客様のトータルコストの削減を実現します。

開発期間の短縮、工期の短縮に活躍しておりますますのニアネットシェイプ化の要望は増えてくるものと思います。

今までは鋳造や金属焼結などで用いられてきたこの用語ですが、金属3Dプリンターではまさにぴったりの言葉になります。

金型レスで、鋳造レスでニアネットシェイプ材が手に入るのは大きな効果だとご評価いただいております。

株式会社J・3Dでは、ニアネットシェイプをさらに高いレベルで実現し、「短納期」をコンセプトに掲げ、お客様のトータルコストの削減を実現する試作開発品をご提案します。

 

Return Top