ブログ

部品点数を減少させるには金属3Dプリンター技術が必要です

10年後の自動車産業の変化は誰もが自動化、EV車やPHEV車が占めて行くだろうと予測しています。

そんな複雑化する自動車に進化する一方労働者は減り、多様化するニーズに大量生産の需要は減少するとも言われていますし、そうなれば部品点数が増大するとも予測できます。

労働者が減り、部品点数が多くなれば海外労働者に頼らざるを得なくなるという現実に今の内に対処するには、部品の軽量化+組み立てやすいという設計思想を考えていかなければなりません。

どのようにしたら軽量化でき、部品点数を減らすことができるのか・・・・

そのヒントはGE アビエーションにあるのではないでしょうか??

GEの設計者はこう語っています。

「かつて設計エンジニアは、工場で実際に生産可能かどうかを自問自答しながら製品設計をしていました。 しかし、このような制約はアディティブの導入によって取り払われ、かつては実現不可能と思われていた形状でも実現できるようになりました。現在、私たちの関心は製品要求に対して、最適設計を実現することに移っています」

制約から解き放たれた設計者はまさにその発想力を自由に活用し、軽量化や部品点数の削減に大きく貢献しています。

先日のGEのセミナーでも855点の部品が12点になったと話していました。

日本ではまだスタートしたばかりで今後多くの課題が待ち受けていると考えていますが、これまでのヨーロッパと米国での成果は目を見張るものがあると思います。

金型産業や部品加工産業でもそろそろ金属3Dプリンター技術を考え受け入れる必要があるのではないかと・・日々皆様に情報発信している次第です。

熟練工は減少します。金型分野・・部品加工分野でも例外ではありません。

IOT化も含め日本のお家芸 金属加工を守って行くには金属3Dプリンターの技術が必ず必要になってきます!

 

Return Top