ブログ

金属3Dプリンター造形後の後加工(造形一貫サービスへ)

弊社では金属3Dプリンター造形後に必要な後加工をさせていただいております。

いわゆる完成品としての造形一貫サービスへのステップアップを目的としております。

以前は造形までのサービスでしたが、お客様のご要望により、造形→熱処理→仕上げ加工→コーティングのように金型案件でも、試作部品案件でも完成品としてお客様に納品させて頂きます。

仕上げ加工後はATOS(非接触式スキャナー)を用いて形状検査を実施して品質に於いてもさらなる強化をしてまいりました。

ですから「金属3Dプリンター受託造形出力サービス」ではなく、「金属3Dプリンターを使用した金属加工サービス」と言っても過言ではありません。

金属3Dプリンター造形はもう特別なものではなく、造形という新たな工法をうまく活用する既存工法として成り立ち始めています。

私たちはいち早く、それに気づき一貫サービスへの道へ踏み出しました。

短納期試作、短納期金型、またはトポロジー評価、金型レス試作サービスと言った世界になるかと思います。

お客様のニーズに合わせ、サービスも変化し向上させるものと思いますので、今後もお客様の声を大事にして成長していきたいと思います。

新たな金属3Dプリントサービスとして是非ご活用ください!

Return Top