ブログ

3Dプリンター金型順調に推移

金属3Dプリンターで金型を造形する仕事が順調に推移しております。

特に弊社の場合はダイカスト金型が多く、焼きつき防止であったり、ハイサイクル化であったり、品質向上であったりそれぞれの思惑でリピート受注につながっております。

金属3Dプリンターで作る金型には3次元水管が最適に配置することができますので、上記のような効果が顕著に現れます。

ここまで金型が順調に推移してくと、もはや「3Dプリンター金型」という造語があっても不思議ではない状態です。

しかし、全ての金属3Dプリンターで金型が造形できるわけではありません。

その理由については色々ありますので、ここでは差し控えますが・・得意、不得意はどの金属3Dプリンターにも存在しておりますので、慎重に設備や造形サービスビューロを選んでください。

弊社の今年度の金型造形はおそらくかなり増える見込みですが、さらにサービスを向上させるため金型一貫生産に取り組んでいます。

造形→アニール処理→ワイヤーカット→熱処理→仕上げ加工→コーティング→スキャニング→納品といったところまでのサービスとなりますので是非活用していただければと思います。

金型で使用している材料はマルエージング鋼という金属で引っ張り強度も硬度も申し分ない材料になっておりますので、ダイカスト金型でも十分に対応できます。

ダイカスト3Dプリンター金型の事ならなんでもご相談していただければと思います。

 

Return Top