ブログ

金属3Dプリンター医療機器の開発盛んに

昨日は「積層造形医療機器ガイドライン 活用セミナー」に参加してきました。

基本的には積層造形にて医療機器を開発するに当たり、そんな項目の試験が必要なのか?どんな考え方なのか?などの話が中心になるのですが、昨日は臨床研究の立場から金属積層造形をどう見ているか などのお話もありました。

ご存知の通り、弊社では金属3Dプリンターを使った人工股関節の開発に取り組んでおりまして、積層造形医療機器開発ガイドラインWG委員会にも属しております。

今、一番近い位置で金属造形の医療機器開発を行っているつもりです。

しかしそれは、私たちが勝手に解釈しているものであって、医療現場の先生のお話もたくさん聞けているわけではありません。

そういった意味では昨日のセミナーは非常に有意義であり、今後の活路を見出せたような気がいたします。

今取り組んでいる人工股関節のそうですが、それらの部品はアメリカからの輸入が90%を占めております。

当然なのかもしれませんが、その規格はアメリカ人に合わせたものになっています。それを日本人に当てはめるのは非常に困難で、また問題も多くあるようです。

ひざ関節も同じような状況で、約30%の患者様が規格には当てはまらず違和感を感じながら日々を暮らしている現状を聞くと、やはり金属3Dプリンターを活用した方が良いと実感します。

昔と違い、X線CT画像から3Dプリンター用の「STL」という拡張子に落とすことはそんなに難しいことではありません。

3Dモデルが出来てしまえば、自ずとその人にあった形の関節を設計することも可能なんです。

いわゆる「カスタムメイド関節」というものです。

ご存知の通り、金属3Dプリンターは量産には向いておりません。

人工関節の世界でも既製品でまかなえる人が70%もいます。

そこで当てはまらない方々へのカスタム化は量も含めて金属3Dプリンターに向いております。

たくさん作らない・・すぐに欲しい・・カスタム化で欲しい となればまさに金属3Dプリンターの領域なのです。

しかし、簡単に移行できるものではありません。

まずは強度の問題を確実にクリアして、さらにはその安定性についてもエビデンスが求められるのです。

私たちはまさに今そこを実施しており、その検証効果も確実にあげております。

患者様のためにも、そして医療機器開発のためにも地道な作業を繰り返し、金属3Dプリンターの力を発揮する日が一刻も早く訪れるようにしていきます。

Return Top