ブログ

金属3Dプリンター戦国時代到来

弊社が金属3Dプリンター受託造形事業を始めて5年。

やはり、注目度の高い技術だけあって各メーカーの参入が著しく、どんどん新たな方式の金属3Dプリンターが参入してきました。

私たちも含めた、金属3Dプリンターサービスビュロー、装置メーカー様にとっては早くも戦国時代の到来といったところでしょうか。

方式とメーカーについてまとめてみます。

パウダーベッド方式

  1. EOS
  2. 3D Systems
  3. ConceptLaser(GE)
  4. Arcam
  5. DMG森精機
  6. 松浦機械製作所
  7. Sodick
  8. Renishaw
  9. ORLASER
  10. SLM
  11. TRUMPF

ダイレクトメタルデポジション

  1. DMG森精機
  2. マザック
  3. ORLASER
  4. InssTec
  5. OOKUMA
  6. OPTOMEC
  7. RPM
  8. 東芝機械

液体金属インクジェット方式

  1. Xjet

FDM方式

  1. Markfoged
  2. Desktop Metal

新方式?

  1. Hp
  2. Stratasys

 

 これだけのメーカーと方式が販売され、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますよね。

どの方式、どの機種を使うにしても必ず必要なのが強度、密度検査です。

安いから、高いからの判断ではなく、使えるのか使えないのかを判断基準にすることがベストですね。

Return Top