ブログ

新たな粉末への挑戦

弊社ではお客様が持ち込んだ金属粉末でも造形をさせていただいております。

しかし、すぐに造形できるわけではありません。

レーザーのパラメーターを触り、出力や速さ、厚みなどを調整し造形できるのかどうかの検証やパラメーター開発をしております。

その手法も確立しており、お客様に提案や相談などさせていただきながらテストをしております。

しかし、どの粉末でもできるわけではありません。

金属造形できる金属条件

  1. 溶接性の良い材料
  2. ガスアトマイズできて球状になりうる金属粉末
  3. 60μm以下の金属粉末
  4. レーザーを反射しにくい金属
  5. 1800度以下の融点の金属(以上の場合は相談ください)

以上の条件を満たした上でやっとテスト造形ができると思っていただけたら幸いです。

新たな金属粉末で造形する際は、専用フィルターを購入いただく必要がありますのでご注意ください。

テスト造形は色々な条件を作った上で行いますので、要望がある場合は事前に申し出ていただけると幸いです。

知財権については都度協議して決定することになりますのでご了承ください。

もちろん事前に機密保持契約は結ばせていただきます。

Return Top