アルゴン

金属3Dプリンターで使う不活性ガスのガス装置

金属3Dプリンターで使う不活性ガスのガス装置

1419
金属3Dプリンターでは不活性ガスを用いて造形を進めて行きます。材質によりガスは異なりますが、窒素ガスとアルゴンガスを使用しています。窒素ガスの場合は窒素発生装置(チラー)があるのでガスは永遠に作り続けられますが、アルゴンガスの場合は外から引き込む形となります。弊社ではアルゴンガスの使用頻度が多いため液体アルゴンを採用し…
Return Top