ガス

金属粉末に関わる新たな事実

金属粉末に関わる新たな事実

691
金属3Dプリンターで使用する金属粉末で新たな事実が浮かび上がってきました。金属粉末は一般的にガスアトマイズ法で作られます。詳しい作り方に関しては私たちは専門ではないので分かりかねますが、ザックリした話ですと溶融金属を噴霧しながらガスで冷やして行くというものらしいです。その際に酸素量が多いと金属粉末にも酸素が入り込んでし…
金属3Dプリンター用金属粉末基準

金属3Dプリンター用金属粉末基準

金属3Dプリンター用の金属粉末はほとんど「ガスアトマイズ法」で作られています。「ガスアトマイズ法」ではその金属の溶湯を細いノズルから噴霧して順次冷却する事により粉末になる方法の事を指します。金属3Dプリンターで使用する粉末材料の大きさはピークで20〜30μm、最大径で60μmほどの細かい物だけを採用しますで、歩留まりが…
金属3Dプリンターで使う不活性ガスのガス装置

金属3Dプリンターで使う不活性ガスのガス装置

1166
金属3Dプリンターでは不活性ガスを用いて造形を進めて行きます。材質によりガスは異なりますが、窒素ガスとアルゴンガスを使用しています。窒素ガスの場合は窒素発生装置(チラー)があるのでガスは永遠に作り続けられますが、アルゴンガスの場合は外から引き込む形となります。弊社ではアルゴンガスの使用頻度が多いため液体アルゴンを採用し…
金属粉末メーカーによってはクラックが入る

金属粉末メーカーによってはクラックが入る

同じ金属を違うメーカーがガスアトマイズしても、金属3Dプリンターではうまく造型できない場合があります。それは出来上がった金属粉末材料が公差のどのレンジに入っているかにも左右されるからです。公差ギリギリの金属粉末材料では巣が出来たり、クラックが入ったりします。安いから・・・という理由でうかつに金属粉末材料を変えてしまうの…
Return Top