サイズ

金属3Dプリンター粉末の良否判断 基礎知識

金属3Dプリンター粉末の良否判断 基礎知識

毎回お話ししておりますが、この6月の時期は金属粉末への湿度管理が大変気になります。また最近では金属粉末を持ち込んでのテストも増えてきておりますので、金属粉末の基礎知識をお話ししたいと思います。金属3Dプリンター用の粉末はガスアトマイズ法を使った球形の粉末が良いとされております。しかし、この粉末もさらに分球して金属3Dプ…
大型金属3Dプリンターついに日本からも誕生

大型金属3Dプリンターついに日本からも誕生

2647
とうとうこの時代が訪れました。日本からも金属3Dプリンターの大型がリリースされてきました!松浦機械製作所から600×600×500の造形サイズが出た模様です。詳細情報はあまりありませんが、出力は1000Wだそうです。6月22日から始まる「設計・製造ソリューション展」に展示されるとの事です。海外メーカーからは先行して大型…
3Dプリンター技術動向は造形機のサイズアップとスピードアップ

3Dプリンター技術動向は造形機のサイズアップとスピードアップ

1376
金属3Dプリンターに特化したお話ではありますが、最新の技術動向としては造形機のサイズアップとスピードアップになります。1000Wのレーザーを搭載したものや、400Wのレーザーを4機搭載したものがトレンドとなっています。その他の技術動向と言えばやはりソフト面が注目されています。金属3Dプリンターは現在のところノウハウの塊…
金属3Dプリンターで造形できるミニマムサイズは?

金属3Dプリンターで造形できるミニマムサイズは?

1670
金属3Dプリンターで造形できる範囲は250mm角以内になっていますが、ミニマムサイズはどれ位ですか??と質問されます。レーザーの最小スポット径が0.2mmなのでそれが最小サイズ・・と言いたいところですが形状をはっきり認識するレベルで出来ないので最小サイズは1mm角までならできるとお話をさせて頂いていますが、最終的にワイ…
Return Top