スピード

金属3Dプリンターパラメーターの調整

金属3Dプリンターパラメーターの調整

360
以前から金属3Dプリンターのパラメーター調整は非常に困難であると書かせて頂いております。実際本当に大変な作業でその組み合わせは無限大??と言えるほどです。必要エネルギーだけを計算し出力に変換するだけではなく、積層厚み、スピード、スポット径など基本的な部分を触るだけでも様々な現象が起きますし良かった物が悪くもなります。そ…
いよいよ始動?日の丸金属3Dプリンター

いよいよ始動?日の丸金属3Dプリンター

946
今日のニュースで来年度から日の丸金属3Dプリンター発売のニュースが出ていました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00010005-newswitch-indいよいよ来ましたね!! 造形スピードも弊社使用EOS機と比べても2.5倍から3倍の能力です。しかも価格は半額!…
3Dプリンター技術動向は造形機のサイズアップとスピードアップ

3Dプリンター技術動向は造形機のサイズアップとスピードアップ

1537
金属3Dプリンターに特化したお話ではありますが、最新の技術動向としては造形機のサイズアップとスピードアップになります。1000Wのレーザーを搭載したものや、400Wのレーザーを4機搭載したものがトレンドとなっています。その他の技術動向と言えばやはりソフト面が注目されています。金属3Dプリンターは現在のところノウハウの塊…
金属3Dプリンターメーカー選び

金属3Dプリンターメーカー選び

金属3Dプリンターは紙のプリンターと違いメーカーにより様々な違いがあります。何を基準に金属3Dプリンターを選んだ方が良いかを解説します。ひとえに金属3Dと言ってもスピードも違えば品質も違います。まずはこの違いをしっかり見極める必要があります。一番わかりやすいのは同じモデルをそれぞれの金属3Dプリンターで造形する事です。…
金属3Dプリンターの肝はレーザー

金属3Dプリンターの肝はレーザー

1610
昨年金属3Dプリンターの特許切れで大きな話題となりました。これで金属3Dプリンターは安くなる!と思われた方も多いと思います。しかし、昨今の金属3Dプリンターはより早く、より大きなものをがテーマになりつつありレーザーの出力があがってきました。レーザーの出力が上がれば熱量も上がるのでスピードが上がるといった具合です。でも・…
Return Top