データー

人工関節学会で金属3Dプリンターの物性評価 発表決定

人工関節学会で金属3Dプリンターの物性評価 発表決定

199
今弊社で取り組んでおります金属3Dプリンターを使用した人工股関節の進捗を学会で発表する事となりました。今回発表させて頂く内容としては基礎データーの件です。金属3Dプリンターで作成したチタン合金がインプラントとして耐えうる強度をもっているか?というお話しになります。昨年の補助金事業で金属3Dプリンターで造形した金属の基礎…
EOS 新機種発表?「M400−4」

EOS 新機種発表?「M400−4」

739
NTTデーターエンジニアリングからはまだ発表されていませんが、ついに??EOSから「M400-4」複数レーザー搭載の金属3Dプリンターが出たようです。SLMから1年ほど遅れていますがようやくといったところでしょうか・・しかし・・日本ではまだ発表されておりません。その裏には注文が殺到しているという背景があるようです。日本…
3Dデーターがない物を解析したいとき リバースエンジニアリングサービス

3Dデーターがない物を解析したいとき リバースエンジニアリングサービス

751
3Dの計測の場合、当然図面がありそこに指示された寸法に基づき測定し合否を判定する物ですが、図面が存在してないので解析が出来ないとの声も多くあります。接触式の3次元測定器で試してもそこには限界があり出来ない場合もありますが、非接触式スキャニング装置を使えば解析をする事が可能です。特にRの大きさなど測定できなかったところは…
金属3Dプリンターのマテリアルデーター(材質特性)の見方

金属3Dプリンターのマテリアルデーター(材質特性)の見方

弊社で造形する金属にはマテリアルデーターシートという物が添付されます。ドイツのEOS社から提供されているデーターシートになっておりまして、「通常通りに造形をしていればこのような特性になります。」というような趣旨の物です。しかし・・これが残念ながら全て英語で書かれておりましてよくわからない・・とのご指摘も頂いております。…
造形姿勢とは

造形姿勢とは

金属3Dプリンターにおいて「造形姿勢」というのは最も大事になります。読んで時のごとく造形をする姿勢の事を指しています。この「造形姿勢」によって製品の出来映え、サポート除去時間が大幅に変わってきます。造形姿勢は造形前に決定し、そのデーターに基づいて造形時間を算出し体積と合わせて見積り回答をさせて頂くようになっています。形…
ラティス構造とは

ラティス構造とは

「ラティス」という言葉はよく園芸等で使用するフェンスを想像するかと思います。元々の意味は「格子」という事になります。金属3Dプリンターにおいても同じ意味で使用します。金属3Dプリンターでは3Dモデルをスライスデーターと言われる2次元のデータに落とし込み一層一層積み重ねる仕組みになっておりますので、金属の構造体の中に「ラ…
金属3Dプリンター4号機の開発スケジュール

金属3Dプリンター4号機の開発スケジュール

1041
来週から増設した金属3Dプリンター(4号機)が稼働し始めます。開発機として導入しておりますので色々な事にチャレンジしていきたいと思っていますが、材料開発の前にどうしてもやっておきたい事がありますのでそれらをまずやりたいと思います。1つに、基礎データーの取得 今まで全くやって来なかった訳ではありませんが、皆様からご要望が…
金属3Dプリンター造形の3Dデーターファイル形式について

金属3Dプリンター造形の3Dデーターファイル形式について

見積りのメールや電話を頂くことが多くありますが、「ざっくりした見積りが欲しい」という要望が多くあります。その上で回答すると「高いね」と言われます。ざっくりした見積りとは、どんな形状でも四角にしてしまい、大きさだけの判断で見積りをさせて頂く事になるので実価格とは全く異なります。見積りの際は3Dデーターを頂けると、しっかり…
いよいよスマホ3Dスキャナーの時代

いよいよスマホ3Dスキャナーの時代

1297
先日開催された「3D Printing2016」でも紹介されていましたが、スマホ3Dスキャンの時代が到来です。3Dプリンターを購入してもデーターが作れないなど問題がありましたが、3Dスキャナーが手軽に身近なスマホで出来るとなれば話は変わります。作りたいものがなんでも作れるようになってしまいます。が・・そこにはまだ色々制…
モノづくりの場所を選ばないのが金属3Dプリンター造形技術

モノづくりの場所を選ばないのが金属3Dプリンター造形技術

1100
これから生産現場新たな岐路にたって行く可能性があるのが3Dプリンター技術です。セキュリティの問題は解決しなければならないが、データーさえ送ればすぐに造形がスタートできてしまうのがこの技術の素晴らしいところです。今、弊社では名古屋に工場を構えていますが別に極端な話ベトナムやらアフリカでもいい訳です。今の時代はSkypeな…
Return Top