ビーム

粉末積層造形法とは

粉末積層造形法とは

粉末積層造形法は、粉末にした材料にレーザー(ビーム)やバインダー(接着成分)を用いて1層づつ固めて造形させていく方法です。微細な粉末材料を造形テーブル(ステージ)上に1層分敷きそれぞれの方法で固め造形し、また更にその上に次の層を造形していき、立体を得るという造形方法です。機種にもよりますが、樹脂や金属、石膏などの材料も…
金属3Dプリンタ技術の最前線 基本的な仕組み

金属3Dプリンタ技術の最前線 基本的な仕組み

【内容】金属3Dプリンターについて詳細なお話をさせて頂きます。「金属3Dプリンター」とはどういう物なのだろうというお話からさせて頂きます。そもそも3Dプリンターというのは皆様よくテレビ等でよくご存知かと思いますが、金属の3Dプリンターの場合は粉末の金属を敷き詰めてそこにレーザーもしくはビームを当てて金属を溶かしていくと…
金属3Dプリンターとは

金属3Dプリンターとは

金属3Dプリンターは、粉末積層造形機の事を指し、パウダーベット方式と、レーザメタルデポジション方式がある。パウダーベット方式では「SLM」(セレクティブレーザーメルティング)というレーザーを熱源とした方法と、EBM(ELECTRON BEAM MELTING)ビームを熱源とした2種類が存在している。その他にレーザーメタ…
ビーム式金属3Dプリンターとレーザー式金属3Dプリンターの違い

ビーム式金属3Dプリンターとレーザー式金属3Dプリンターの違い

最近ではお客様の方が金属3Dプリンターについて詳しいかもしれませんが、パウダーベット方式の金属3Dプリンターにはビーム式とレーザー式があります。どちらがいいかは、どんな事を金属3Dプリンターにやらせたいかによります。ビーム方式ビーム方式は主にArcamというスウェーデンの金属3Dプリンターになります。この設備の特徴は最…
Return Top