マーケット

海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

320
欧州や米国を中心に、研究開発から自動車関連や航空・宇宙関連分野などでの部品製造用途まで採用が進みつつあります。市場規模も2016年比で2022年には3倍になるとも予測されているそうです。日本での金属3Dプリンターは設備台数の伸びはあるものの、マーケットの伸びは、とてつもなくゆっくりで慎重です。世界の考え方と日本の考え方…
金属3Dプリンター技術を牽引する3社合同展示会

金属3Dプリンター技術を牽引する3社合同展示会

645
先週東京ビックサイトで行われました「ものづくりマッチングJAPAN2017」で、金属3Dプリンター技術を牽引する3社が合同ブースを設置致しました。3社というのは弊社、株式会社J・3DとSOLIZE Products 株式会社、そして白銅株式会社様です。金属3Dプリンターのマーケット拡大という想いを一緒に共有している仲間…
関東金属3Dプリンターのマーケット状況

関東金属3Dプリンターのマーケット状況

938
弊社の金属3Dプリンター受託造形サービスの関東営業所が立ち上がって3年が経過しました。立ち上げた当初は大きなマーケットとして捉えておりましたが、中々難しい地域でした。展示会等での情報収集は一番出来る場所なのですが慎重な姿勢を崩しませんでした。今年に入り、ようやく関東地域の金属3Dプリンター需要が動き出して来たように感じ…
金属3Dプリンター造形需要

金属3Dプリンター造形需要

1018
ここ最近金属3Dプリンターの造形需要は伸びています。しかしまだマーケットとしてはそんな大きなものではありません。むしろ需要よりビューローの数の方が先に増えていて小さなマーケットの奪い合いに発展しかねない状況です。とはいえ、金属3Dプリンターを使っていかねば・・という雰囲気がじわじわと上がってくることを感じます。それには…
今こそ日本の金属3Dプリンターの結束が必要

今こそ日本の金属3Dプリンターの結束が必要

1708
このところ色々な情報が集まってきます。良い話も悪い話も入り交じっていますが、今最大の関心のあるニュースが届きました。今後、日本の金属3Dプリンターマーケットに海外が進出してくるというお話です。考えてみたら当たり前の話で、「EOS」も含めたくさんの海外メーカーの金属3Dプリンターが販売されていて、昨年の販売実績から見ても…
Return Top