レーザー

金属3Dプリンターで発生するトラブル

金属3Dプリンターで発生するトラブル

1028
金属3Dプリンターでは様々なトラブルが起こり停止します。トラブルが無いと思われている方には非常に申し訳ない話ではありますが、どんなトラブルがあるのかを知っておく事は今後の金属3Dプリンター購入をご検討されている方には重要だと思います。金属3Dプリンターの機械的停止に関するトラブル1.造形物の歪みによる停止 造形物はレー…
アルミニウム造形の難しいところ

アルミニウム造形の難しいところ

996
アルミニウム造形を始めて早くも1年が経過しました。この1年の中でアルミニウム造形が難しいところがわかってきました。それがアルミニウム粉末を敷き詰める工程だとは私たちも夢にも思いませんでした。金属3Dプリンターでは細かな金属粉末にレーザーを照射し溶かしながら積層していくのですが、照射された直後は高温になり部分的に膨らみが…
金属を溶融するパラメーター

金属を溶融するパラメーター

753
色々なご質問やお問い合わせがきますが、最近ではかわったご質問が多くあります。その中で一番多くびっくりしているのが、レーザーのパラメーターを教えて下さい。というご質問です。残念ながらそれにお応えする事はできません。弊社が使用するEOSでは最適なパラメーターを購入しております。他社の金属3Dプリンターで全く同じレーザーを搭…
EOS 新機種発表?「M400−4」

EOS 新機種発表?「M400−4」

841
NTTデーターエンジニアリングからはまだ発表されていませんが、ついに??EOSから「M400-4」複数レーザー搭載の金属3Dプリンターが出たようです。SLMから1年ほど遅れていますがようやくといったところでしょうか・・しかし・・日本ではまだ発表されておりません。その裏には注文が殺到しているという背景があるようです。日本…
金属3Dプリンターには個体差がある。

金属3Dプリンターには個体差がある。

1170
前々からわかっていた事ではありますが、金属3Dプリンターには個体差があります。これは3Dプリンターに限った話ではなくマシニングセンタ等の機械でもあるかとは思いますが、どちらかと言えば金属3Dプリンターの方が深刻です。金属3Dプリンターの大きな構成物の中にはレーザーというものがあります。このレーザーに個体差があると出来映…
ソディック最新金属3Dプリンター発表!

ソディック最新金属3Dプリンター発表!

2524
このところ新聞記事に金属3Dプリンターの話題が増えてきました。本日はソディック様から最新金属3Dプリンターの発表です。今まで金属3Dプリンターの標準造形サイズは250mm角でした。理由はレーザーの距離だそうですが、今回ソディック様から発表されたのは350mm角です。正直言いますと「非常に良いサイズ」です。今までも250…
粉末積層造形法とは

粉末積層造形法とは

粉末積層造形法は、粉末にした材料にレーザー(ビーム)やバインダー(接着成分)を用いて1層づつ固めて造形させていく方法です。微細な粉末材料を造形テーブル(ステージ)上に1層分敷きそれぞれの方法で固め造形し、また更にその上に次の層を造形していき、立体を得るという造形方法です。機種にもよりますが、樹脂や金属、石膏などの材料も…
金属3Dプリンタ技術の最前線 基本的な仕組み

金属3Dプリンタ技術の最前線 基本的な仕組み

【内容】金属3Dプリンターについて詳細なお話をさせて頂きます。「金属3Dプリンター」とはどういう物なのだろうというお話からさせて頂きます。そもそも3Dプリンターというのは皆様よくテレビ等でよくご存知かと思いますが、金属の3Dプリンターの場合は粉末の金属を敷き詰めてそこにレーザーもしくはビームを当てて金属を溶かしていくと…
金属3Dプリンターとは

金属3Dプリンターとは

金属3Dプリンターは、粉末積層造形機の事を指し、パウダーベット方式と、レーザメタルデポジション方式がある。パウダーベット方式では「SLM」(セレクティブレーザーメルティング)というレーザーを熱源とした方法と、EBM(ELECTRON BEAM MELTING)ビームを熱源とした2種類が存在している。その他にレーザーメタ…
金属3Dプリンターのレーザー交換について

金属3Dプリンターのレーザー交換について

1000
先月弊社の金属3Dプリンターの2号機のレーザーが破損しました。応急処置で1号機と2号機のレーザーを入れ替える事で対応しましたが予告通り約4週間で新しいレーザーがが届きました。入れ替える設備がなかったら1ヶ月間開店休業になるところでした。さて、新品のレーザーが届いたという事で早速昨日交換して頂きました。これでしばらく・・…
Return Top