冷却

ダイカスト技術交流会 今後の金型冷却技術を考える

ダイカスト技術交流会 今後の金型冷却技術を考える

日本ダイカスト協会から初めて金属3Dプリンターでの金型つくりの講演依頼を頂きました。現在金属3Dプリンターを使ったダイカスト金型づくりの実用のお話を是非して欲しいとの依頼で本当に嬉しく思っております。皆様だいぶ金属3Dプリンターの知識を向上させて頂いておりますが、キャビティー形状に沿った3D形状の冷却回路(3次元水管)…
3次元水管の可能性(お客様の声)1

3次元水管の可能性(お客様の声)1

800
金属3Dプリンターではダイカスト金型や、樹脂金型、ダイクエンチの中に自由に冷却回路を組みむことが出来ます。しかし、まだ3次元水管については金型業界に広まっている訳ではありません。理由の1つには金属3Dプリンターで作ると高くなるという事と、保守的な金型業界では知っていても周りの出方をうかがっている感もあります。しかし、メ…
ダイカスト冷却ピンは金属3Dプリンターで作れば早い

ダイカスト冷却ピンは金属3Dプリンターで作れば早い

1410
ダイカスト金型などで使う冷却ピンで困っている企業様が多いようですが、3Dプリンターではそれを解決する事ができます。薄肉で一体化、錆びない冷却ピンが作れてしまいます。今まで不可能だった細い冷却ピンも可能ですし、中の水管も自由に設計できます。ダイカスト金型ではこういった需要が多いのかと思いますので、是非ご検討頂きたいと思い…
Return Top