基準

金属3Dプリンター基準プレート製造販売&追加工(フライス加工)

金属3Dプリンター基準プレート製造販売&追加工(フライス加工)

866
金属3Dプリンターを使用されている企業様が増えて来ましたが、金属3Dプリンターでは基準プレートと言われるものが必要となります。基準プレートは一回造形が終わるとフライス加工をする必要もありますし、フライス加工を続けていくとプレートが薄くなり交換しなければなりません。そんな基準プレートを株式会社J・3Dでは製造、販売させて…
金属3Dプリンター用金属粉末基準

金属3Dプリンター用金属粉末基準

金属3Dプリンター用の金属粉末はほとんど「ガスアトマイズ法」で作られています。「ガスアトマイズ法」ではその金属の溶湯を細いノズルから噴霧して順次冷却する事により粉末になる方法の事を指します。金属3Dプリンターで使用する粉末材料の大きさはピークで20〜30μm、最大径で60μmほどの細かい物だけを採用しますで、歩留まりが…
金属3Dプリンターメーカー選び

金属3Dプリンターメーカー選び

金属3Dプリンターは紙のプリンターと違いメーカーにより様々な違いがあります。何を基準に金属3Dプリンターを選んだ方が良いかを解説します。ひとえに金属3Dと言ってもスピードも違えば品質も違います。まずはこの違いをしっかり見極める必要があります。一番わかりやすいのは同じモデルをそれぞれの金属3Dプリンターで造形する事です。…
異種金属の接合も金属3Dプリンターで可能になる?

異種金属の接合も金属3Dプリンターで可能になる?

2267
金属の3Dプリンターは金属粉末にレーザーを照射して溶融させて製作して行きますが、その場合通常基準プレートと呼ばれる金属の板の上に貼付けながら造形して行きます。例えば、弊社の場合ですと基準プレートはS50Cを使用しておりますが、その上にマルエージング鋼を乗せていきます。そうするとS50Cにマルエージング鋼がくっついていき…
Return Top