宇宙

海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

214
欧州や米国を中心に、研究開発から自動車関連や航空・宇宙関連分野などでの部品製造用途まで採用が進みつつあります。市場規模も2016年比で2022年には3倍になるとも予測されているそうです。日本での金属3Dプリンターは設備台数の伸びはあるものの、マーケットの伸びは、とてつもなくゆっくりで慎重です。世界の考え方と日本の考え方…
金属3Dプリンター用粉末開発相次ぐ

金属3Dプリンター用粉末開発相次ぐ

787
日本での金属3Dプリンター用の粉末開発が盛んに行われています。昨日も色々説明を受けましたが、資料をみると金属3Dプリンター造形の市場は2025年には2000億にも成長するそうです。あくまでも3D造形マーケティングの結果より算出との事ですが航空宇宙・金型等の高付加価値品を中心に成長するとの事です。金属粉末のテストについて…
3Dプリンターの祭典開催 金属、樹脂、石膏、宇宙、医療、次世代。

3Dプリンターの祭典開催 金属、樹脂、石膏、宇宙、医療、次世代。

1670
2017年2月15日から「3D Plimting 2017」が東京ビックサイトにて開催されます。金属、樹脂、石膏などの3Dプリンタービューローや技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構など最先端の3Dプリンター技術がズラリとならぶ祭典です。日本では3Dプリンターがこれほど集まる展示会はほとんどないのでご来場頂ける…
金属3Dプリンターが航空宇宙産業を変えるって??

金属3Dプリンターが航空宇宙産業を変えるって??

2012
実用的な金属部品の量産技術金属3Dプリンターの売上が急増している。だがこれは、航空宇宙産業における「付加製造」の急成長のはじまりにすぎないのかもしれない。金属3Dプリンティングは数十年も前からある技術だが、ここへきて実用的な量産技術として注目され始めている。特に航空宇宙産業各社が長年開発してきた付加製造部品の量産に備え…
宇宙産業にとって必須の技術、3Dプリンター

宇宙産業にとって必須の技術、3Dプリンター

2102
JAXAでは「少量多品種生産が得意な金属3Dプリンタは、人工衛星などの宇宙機で使用する部品に適した製造方法であり、将来の宇宙産業にとって必須の技術となり得る。」と位置づけています。しかし、金属3Dプリンターでの造形品がそのままで使える訳ではないので、日本の金属加工技術との融合で新たな工程を模索しています。それは数々のテ…
開発品の金属3Dプリンター造形は機密保持契約を交わさせて頂きます。

開発品の金属3Dプリンター造形は機密保持契約を交わさせて頂きます。

1499
弊社で金属3Dプリンター造形をさせて頂く品物は社外に漏らさない機密保持契約をさせて頂いております。自動車、航空機、医療、宇宙開発、家電等々の試作開発品を早く作る事を求められているからです。一品一様、少量生産には金属3Dプリンターの効果は高く、通常の納期に比べ圧倒的な早さを誇ります。そして、重要なのはその大事な機密をいか…
Return Top