市場規模

海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

671
欧州や米国を中心に、研究開発から自動車関連や航空・宇宙関連分野などでの部品製造用途まで採用が進みつつあります。市場規模も2016年比で2022年には3倍になるとも予測されているそうです。日本での金属3Dプリンターは設備台数の伸びはあるものの、マーケットの伸びは、とてつもなくゆっくりで慎重です。世界の考え方と日本の考え方…
Return Top