形状

複雑困難な金属3Dプリンター造形

複雑困難な金属3Dプリンター造形

複雑困難な造形が増え始めてきています。複雑困難な造形ってどんなもの??と思うでしょうがこればかりは造形をしている方にしかわからない事になります。今回色々と難しいのは中空形状になります。以前からサポート材の難しさや造形姿勢などの考え方等お伝えしてきましたが、今苦しんでいるのはどのような造形姿勢をとってもサポート材を付けな…
積層ピッチとは

積層ピッチとは

3Dプリンターの話の中には「積層ピッチ」という言葉が頻繁に出てきます。この言葉は樹脂の3Dプリンターでも金属の3Dプリンターでも使われます。一言で言ってしまえば「積層厚み」の事をさしています。皆様がよく見る病院での「CT画像」は3Dプリンターにおける「スライスデーター」というものになります。このスライスデーターを3Dモ…
サポート材とは

サポート材とは

3Dプリンターにはサポート材といわれる副材がつく事が殆どです。金属3Dプリンターでも同じ事で立体造形をするにあたって「オーバーハング部」や宙に浮いてしまうような形状は支える必要があります。この支えの事を「サポート材」と呼んでいます。下記の図をご覧下さい。傘の柄のような物を造形しようとすれば、なんの支えもないところに金属…
金属3Dプリンター東京セミナー本日開催

金属3Dプリンター東京セミナー本日開催

《先駆者が語る、金属3Dプリンタを活用した金属製品・金型事業成功への秘訣》 <複雑形状の一体造形、最短1日での金属造形および 軽量化、高品質化を実現> <ポーラス構造、3次元自由水管入りの金型で成形冷却時間・コストを50%削減>  〔プログラム〕 ●金属積層造形技術の概要と金属部品・金型製作への取り組み・活用事例及び今…
東京金属3Dプリンターセミナー開催

東京金属3Dプリンターセミナー開催

991
6月3日に東京で金属3Dプリンターセミナーが行われます。《 先行ユーザにみる金属3Dプリンタを駆使した金属製品・金型の製作技術と活用例 》 ☆開催内容の詳細 → http://www.j-tic.co.jp/h80412.htm      【6月3日開催セミナーのご案内】 【当セミナーの特典】受講料 39,000円でお…
金型を製作する場合の注意

金型を製作する場合の注意

736
金属3Dプリンターで金型を製作する場合注意しなければならない事があります。形状や造形ルールの事ではなく・・・体積です。金型と言えばどちらかというと重要なのは形状部分であって下の方は四角に近い形状で体積が非常に大きくなります。体積が増えれば材料も多く使いますし、造形時間もかかります。それよりも何よりも・・体積が増えると熱…
金属3Dプリンター造形の3Dデーターファイル形式について

金属3Dプリンター造形の3Dデーターファイル形式について

見積りのメールや電話を頂くことが多くありますが、「ざっくりした見積りが欲しい」という要望が多くあります。その上で回答すると「高いね」と言われます。ざっくりした見積りとは、どんな形状でも四角にしてしまい、大きさだけの判断で見積りをさせて頂く事になるので実価格とは全く異なります。見積りの際は3Dデーターを頂けると、しっかり…
金属積層造形技術の最前線

金属積層造形技術の最前線

1502
弊社では金属積層造形受託サービスが生業となっていますので、毎日が最前線と言えます。毎回違う形状を造形するので、出来るのか出来ないのかの判断やサポート材の付け方、熱歪みの問題と戦っています。もちろん、それはノウハウとなり弊社の力になっていくものですが、お客様の満足できる製品を作るにはまだ至っていないと思っています。本来、…
金属3Dプリンターの加工精度は?

金属3Dプリンターの加工精度は?

4295
お客様から1番聞かれるご質問は加工精度の事です。金属3Dプリンターではどこまで精度が出せるのですか???という内容です。実際小さいものですと殆ど0で出来上がりますし、少し大きくても±0.05、それ以上の大きさになると収縮率とうのこともあり形状によって変わります。しかし、例え加工高精度が「0」であったとしても、金属造形の…
某金属3Dプリンター造形品で金属不溶融現象が発見されました

某金属3Dプリンター造形品で金属不溶融現象が発見されました

1740
お客様のところでは様々な金属3Dプリンター造形品のテストを実施しています。日本の金属3Dプリンターも海外の金属3Dプリンターもです。同じ形状のテスト材を作り強度試験や、密度チェックなどをしています。そんなお客様から某金属3Dプリンターで製作した試験片から不溶融が見つかりましたと連絡を頂きました。ここでメーカーのお話はし…
Return Top